Silicone Chemical Company

様々な産業分野に必須の素材として使用されるシリコーンゴムを生産しています

home
研究開発
組織

組織

常に研究する姿勢で、より優れた技術や製品を開発します。

開発実績

既存事業の競争力を強化し、成長動力を創出するシリコン応用技術研究所の組織です。

シリコン反応性研究
シリコンに関する基本的なシリコン単分子を合成し、これに各種有機官能基を導入して反応性を研究しています。 各種添加剤とシリコーンオイル、樹脂などの基礎反応の研究に重点を置いています。
シリコン素材研究
電子遮蔽用導電性化合物、内電圧用シリコン、導電性シリコン接着剤、導電性シリコンインクなどを開発課題にして、様々な特殊素材の開発に力点を置いています。
シリコン基盤物質を利用した、常温発泡と硬化性シリコンスポンジの製造技術の研究は、建物内の防火Sealing適用部位、放射能火炎遮蔽材として使わため防災試験規格に合格され、国内の生産のため研究範囲を拡大しています。
シリコン応用開発研究
シリコーンゴムを研究対象としており、主要な研究業績として難燃性シリコーンゴムの開発で米国のUL94 V-0、UL94 HB規格に合格されて電線用と電子部品用に生産されています。また、多目的成形用、低硬度、高身長、故人熱用熱伝導性シリコーンゴムは、技術開発に成功し、国外輸出で技術先進化を構築することになりました。
現在は高電圧碍子用シリコーンゴムの開発、超耐熱性、超人熱ゴム、高透明、Low Volatilityゴムと特殊用途ロールの開発に拍車をかけており、当研究室の特徴は、高分子シリコンから出発し、各種シリコーンゴムの製造の分野で国産化と輸出に多大な貢献していることです。
シリコン物性研究
素材と応用開発研究室で開発された製品と生産された製品に対して物性を比較、分析し、品質管理に効率性を加えています。当研究所は、これに歩調を合わせて、シリコンの研究範囲を徐々に拡大して国産化による輸入代替効果と輸出増大に貢献していきます。



E-mail : admin@hrssilicone.com / bhjin@hrssilicone.com
ソウル事務所 : (07333)Yeongdeungpo-gu, Seoul, Korea International Finance Line 70 (Yeouido-dong) Miwon Building 1605 I TEL : 82-2-780-6156 I FAX : 82-2-785-7643
平澤(ピョンテク)工場 : (17998)Gyeonggi-do Pyeongtaek City Pangseong-eup Chupal Industrial Complex 2 Road 7 I TEL : 82-31-655-8822 I FAX : 82-31-691-5901
牙山(アサン)工場 : (31401)103-15, Sinbongil, Yeongin-myeon, Asan-si, Chungcheongnam-do I TEL : 82-41-543-4003 I FAX : 82-41-543-4006
中国工場 : (215131)Plant 1, Science & Technology Park No.777 Kangyuan Road, Suzhou Xiangcheng Economic Development Zone I TEL :86-512-6939-0288 I FAX : 86-512-6618-9388
COPYRIGHT(C) 2015 HRS Co., Ltd., ALL RIGHT RESERVED MANAGER LOGIN